運命数「2」

*

運命数「2」

運命数「2」の方たち

 

 運命数(2) 知性星

 

(2)はカバラ数秘術では、「女性」の数であり、調和とバランス、注意深さを象徴する数である.心理学的には、(2)は適応の数で、人づき合い、調和、協力、理解力を物語っている。他人に対する思いやりと同情心を示しやすく,独走することを嫌う数である。身体的には、(2)は体の両側,大脳と、左右のバランス感覚をあらわしている。星占いでは、(2)は月を象徴しており、母性的な愛情と理性をあらわしている。タロット・カードでは、知性の備わった「高僧」の姿,セフィロトの木では「コクマ」,英知の象徴とされている。

 

<運命数(2)の人たち>

田原俊彦、そのまんま東,関根勤、ケント・ギルバート、大滝秀治、丹波哲郎、橋本龍太郎氏など。女性では、杏里、榊原郁恵、細川ふみえ、古手川祐子、桃井かおりさんなどがいる。

<外観>

一般に小柄で、中年以後は太りやすい。いわゆる童顔で、優しい印象を与える。顔の面積も小さく,手も小さい。

 

<(2)の人の性格と全体運>

気分にムラが多いが、気が向くとひとつのことに熱中する。神経質で、凝り性である。ただ、一つのことを深刻に考えすぎたり、クヨクヨしすぎて、せっかくのチャンスを逃すこともある。もう少し実行力が備われば、申し分ない人と評価されるだろう。恋愛でも取り越し苦労をしがちで、相手のちょっとしたしぐさに一喜一憂する。もともとクラシックなムードの持ち主で、男性ならたいへんモテるが、ややファイトに乏しいのが欠点で、女性のほうがイライラすることもある。しかし、結婚によって精神的な安定を得て、すっかり落ちつくのがこのタイプである。女性の場合は、モテすぎてかえって晩婚になったり、仕事に喜びを感じすぎて、結婚そのものより、恋を楽しんだり、仕事を楽しむ人が多い。また、いわゆる早熟型で、10代で大恋愛をしたり、バージンを失うことが多い。かなり年上の人に心をひかれてしまうであろう。独創性が高く、アイデアにあふれている。その才能を活かすと伸びる。趣味の延長にある仕事や、専門的な知識を要する仕事に進むとよい。中でも女性相手の仕事で成功する確率が高い。思いやりが深く、控えめで、行動する前によく考えるタイプ。争いを好まず、物事を丸くおさめたがる。また、よい聞き手であり、慰め手である。ロマンチストで優しくて、ひじょうに感受性が高い。

<運命数の影響が、逆効果としてあらわれたとき>

決断力が不足したり、あれこれ迷いすぎてノイロ-ゼになってしまうほど悩む人である.不運のときは、普通の人より深刻になりすぎてしまうのが、このタイプの欠点である。少しくらい失敗してもかまわない、という楽天的な気持ちをもつことが大切である。とくに、友人との付き合いを大切にすることがプラスになる。スランプは普通の人より長くなりやすい。実行する前から諦めてしまったり、先の先を考えすぎたり、悲観的にものを見やすいのがマイナスになる。

 



<相 性>

(2)はバランスの数であり、相手と協調する性格の数である。そのため、いわゆる八方美人型になりやすい。なにごとも相手本位になりすぎて、自分の意見や考えを言えなかったり、あるいは明らかに自分が損をしてしまうとわかっていても、どうすることもできない。その点こちらの気持ちをよくわかる(4)(6)の人、または同じ運命数(2)の人との相性は、幸福度が高いはずである。また、相手に支配されたい、自分をリードしてくれる頼もしさのある人を求める(2)の人には、(1)や(8)の人がピタリとあうであろう。相性が悪いのは、(7)(9)の内向的な性格の人で、(2)の人にとっては、掴みにくい相手であろう。結婚生活でも、仕事でも相手に献身的になるのが特徴だから、女性の場合、よい母親になるだろう。

 

運命数(2)にとって、

プラスの運命数・・・・・・(2) (4) (6)

無難な運命数・・・・・・・(1) (3) (5) (8) (11) (22)

マイナスの運命数・・・・・(7) (9)

ここでちょっと注意してほしいのは、運命数(1)からすると(2)との相性が最良になるのだが、運命数(2)の人を中心に(1)との相性を調べると・無難・ となる、ということである。これは、主体から見てどうなのかを問題にしているからで、こういう

関係はよくあることなので、注意してもらいたい。自分にとってよい相性なら、相手にとって無難な相性であっても、この2人の人間関係は、必ずうまくいくのである。

 

<仕事と適性>

創作的才能があり、想像力に富んでいる.役者や音楽家として成功する。また、思いやりがあるため心理学者、カウンセラー、看護婦、秘書に適している。運命数(2)の女性は、女性らしい優しさを必要とする職業に就くと、性格的なよさを充分に発揮でき、活躍できるだろう。忠実で信頼できる為、会計士、教授、医学研究にも向いている。

また、この(2)の人は、グループの中でアイデアを生かしていくタイプでもある。男性なら外交官として超一流の素質を示すだろう。また、精神分析医、コンピューター関係の仕事でも有能であろう。一般にビジネス関係より、想像力、アイデアを生かしていける職場が理想的であろう。

 

<金銭・経済>

浪費をしないケチ型で、金を借りることも貸すことも嫌うタイプである。ただ、あまり金のことを考えず、金よりも心の満足を求めようとする。なにか大きな買い物をするときは迷いやすく、なかなか買うものを決めることが出来ない。このタイプの人は、株や投機よりは、自宅用の不動産、定期預金といった手堅い方法で金を貯めていくのが理想的。ただ、このタイプは友人や親類には、意外なほど金を使いやすく、人のために金を失ってしまうことがある。親類縁者から借金を頼まれると、断りきれない優しさと弱さを持っているため、返済計画をはっきりさせない相手にも気軽に貸してしまって、あとで返してもらうのに困ることが多い。とにかく、金のことを口にするのが下手。金儲けには向かない。ただ、不思議なことにこの(2)の人は、金に困ることはめったにない、ラッキーな運を持っている。

 

 

 

 

                                                                     

 

 

運命数「2」関連ページ

カバラの基本
            カバラは世界最古の秘教的哲 […]
運命数「1」
運命数「1」の方たち    運命数(1) 王冠星  (1)は統一、最高を象徴する数であり、星占いでは […]
運命数「3」
運命数「3」の方々   運命数(3)発展星 (3)はカバラ数秘術では、(1)を除く最初の奇数であるこ […]
運命数「4」
運命数「4」の方々   運命数(4) 安全星    (4)は、十字形や四角形と関係が深い数で、建物の […]
運命数「5」
運命数「5」の方々    運命数(5) 行動星   (5)は古代ユダヤでは、人間を象徴する数とされて […]
運命数「6」
運命数「6」の方々   運命数(6) 調和星   (6)は、美とバランスをあらわす数で、女 […]
運命数「7」
運命数「7」の方々    運命数(7)完全星   (7)は、東洋でも西洋でも、かなり昔から重要な数と […]
運命数「8」
運命数「8」の方々    運命数(8) 支配星     (8)は、基礎をあらわす数(4)の2倍であり […]
運命数「9」
運命数「9」の方々     運命数(9) 神秘星     (9)は、完成をあらわす数。(10)を単位 […]
運命数「11」
運命数「11」の方々    運命数(11) 革新星   中国の易の思想では、(5)と(6)の合計によ […]