運命数「4」

*

運命数「4」

運命数「4」の方々

 

運命数(4) 安全星   

(4)は、十字形や四角形と関係が深い数で、建物の基礎や柱など基になる数である。地理的な条件をあらわす4つの方位(東・西・南・北)や、人類最初の男性の名前アダム(Adam)の4文字、世界の四大大陸(ユーラシア、アフリカ、北アメリカ、南アメリカ)))など、(4)は全体をつくり上げる基礎になる数とされている。ユング博士は、(4)を人間の精神、霊と結びつきのある数であると述べているが、人間の心理の動きをあらわす、もっとも基本的な姿だと言っている。星占いでは、(4)は土星と結びつけてかんがえられている。身体的には、手足を象徴している。世界を動きまわるために必要な両足と、ものを動かすために必要な両手をあらわしている。安全を第一に考え、真面目にコツコツ努力して義務を果たしていくというのが、(4)の意味である。タロットカードでは、(4)は物質の世界を支配し、基礎をつくり上げる「皇帝」の姿にされている。「セフィロトの木」では「ケセド」、慈悲と愛・善を物語る。

 

<運命数(4)の人たち>

女性には、内田由紀、松田聖子、森高千里,木の実ナナ、加賀まりこさんなど。男性では、森末慎二、田中邦衛、仲代達矢、タモリ、ビートたけし、岡本太郎、立川談志、盛田昭夫、村山富市元総理、自動車王フォードなどがいる。



<外観>

全体にどっしりとして骨格が張っている。一般に地味で、やや流行遅れのスタイルを好む。服も既製服が多く、ジーンズやラフなスタイルが似合う人であろう。色の好みも地味。

 

<(4)の人の性格と全体運>

勤勉で堅実で人から信頼されるタイプ。几帳面で変化にたいして保守的、そのため大きな目標を見失いがちである。素直で正直なため、友人として素晴らしく、一人の親友を生涯持ちつづけることも多い。生活も生き方も、やや保守的で安全第一主義。内気で、やや神経質なところもある。行動することより、思索に耽ることを好むタイプ。相手がなにを考えているか、すばやく察知するカンのよさもある。それだけ、鋭い感受性の持ち主といえる。男性の場合、女性にたいへん親切で、恋人には至りつくせりの気のつかい方を見せることが多い。そうした性格を見込まれて、養子に、という話がきたりするのが、このタイプの特徴である。思いやりのある男性であるため、同情が恋愛に発展して、まったく境遇の異なる女性と結婚することもある。結婚後も思いやりを忘れないやさしい夫になる。家事なども気さくに手伝い、2人の生活を楽しもうとする。しかし、女性があまり強くでると、恐妻家になりやすい。女性も結婚までは両親に忠実で、無理をしない青春を送っていく。親の決めた相手で充分満足し、恋愛よりも見合いで相手を選んでいくことが多い。また、結婚後はよい妻になろうと料理や家事に専念していくし、子供にも献身的であろうとする。冷静で、自分の感情を外にあらわさない。若い頃苦労しても、20代、30代では運を掴む人が多い。忍耐と努力でチャンスを掴んでいくタイプであり、失敗したら、同じ失敗を2度としないように努力していく人でもある。ただ、生活が堅苦しくなりやすく、ユーモアが不足するのがこのタイプの人の欠点であろう。大きな目標を持てば持つほどハッスルし、意欲的になり、不可能を可能にさせる運の強さを持っている。友人を多くつくるよりは、ほんとうに力になる友人を得る人で、協力者に恵まれる人でもある。まさかのときに、よい援助者になる、頼りがいのある友人である。自分自身も、また友人のために命をかけるほど献身的になれる人である。女性の職業は、グループの中で仕事をしていくことに適しており、まわりと自分をうまく合わせていく素質がある。専門の職業というより、無理をせず、コツコツとマイペース主義を守っていくパートタイム的な職業や、美容関係に関心を持つ。また運命数(4)の人たちのなかには、(22)の運命数の要素を持っている人がかなりある。(22)は(4)と違って、後述するように「大幸運星」といわれ、持っている個性や才能を早くから実現し、まわりの人たちから愛される不思議な魅力と運を持っている。流行に対しても敏感で、新しいものを次々と考え出していく。その典型的な例がテレビの人気スター、ビートたけしであろう。1994年自らがひきおこした交通事故で再起不能とまでいわれながら、見事にテレビの世界に復帰して、あいかわらず人気を保ち続けている。その魅力はやはり(22)の運を持つ人の特色であろう。このように(4)の人のなかには(22)の要素を持っている人がいる。

 

<運命数の影響が、逆効果としてあらわれたとき>

自分の考えを人に押しつけやすく、いわゆるガンコ型になりやすい。運が下降するときには、ますます狭い考え方に支配され、猜疑心が強烈となり、友人からも仲間からも敬遠されてしまうことがある。多くの同志を粛清したスターリンなどに見るように、極端なほど閉鎖的になりやすいのがおおきな欠点。

 

<相性>

運命数(4)は、安全で慎重な人が多いため、自分と相性のいい人にめぐり合うのに骨が折れる。相性がいいのに、こちらがその気になれないとか、コンビをつくり上げるチャンスを逃しやすい。一般に、同じ運命数の(4)の人か(7)(9)との相性は理想的。(4)の人の持っている堅実な考え方をもっともよく理解できるパートナーとなるはずである。一般に(4)の人は陰気になりやすいため、ユーモアのある明るい性格の人をパートナーに選ぶことが大切。運命数(4)にとって

プラスの運命数・・・・(4)(7)(9)

無難な運命数・・・・・(1)(2)(6)(8)(11)(22)

マイナスの運命数・・・(3)(5)

 

<仕事と適性>

集中力や細部にわたる入念な注意を要求する仕事に秀でている。技師、会計士、経理担当者、科学者、薬剤師、数学者など。また、ジャーナリズムにおいては、作家よりも編集者に向いている。また、科学の分野でもっとも優れた働きをするだろう。この(4)の人は、自衛官、警察官、ガードマンなどで成功している人おおい。組織の中で、厳しい訓練に耐えていけるのは、この(4)の性格の最大の長所であろう。

 

<金銭・経済>

お金に対して、もっともうるさいタイプであろう。倹約家でルーズなことができない。いつも、まさかのときを考えているし、買い物も、少しでも安いものを求め、中古品を求めようとする。買い物はいつもよく調査し、研究してからでないと手を出さない。働いて金を稼ぐという考え方を、しっかり持っているのがこのタイプ。まちがっても株や投機、ギャンブルに手をだすようなことはない。

 

 

 

 

 

運命数「4」関連ページ

カバラの基本
            カバラは世界最古の秘教的哲 […]
運命数「1」
運命数「1」の方たち    運命数(1) 王冠星  (1)は統一、最高を象徴する数であり、星占いでは […]
運命数「2」
運命数「2」の方たち    運命数(2) 知性星   (2)はカバラ数秘術では、「女性」の数であり、 […]
運命数「3」
運命数「3」の方々   運命数(3)発展星 (3)はカバラ数秘術では、(1)を除く最初の奇数であるこ […]
運命数「5」
運命数「5」の方々    運命数(5) 行動星   (5)は古代ユダヤでは、人間を象徴する数とされて […]
運命数「6」
運命数「6」の方々   運命数(6) 調和星   (6)は、美とバランスをあらわす数で、女 […]
運命数「7」
運命数「7」の方々    運命数(7)完全星   (7)は、東洋でも西洋でも、かなり昔から重要な数と […]
運命数「8」
運命数「8」の方々    運命数(8) 支配星     (8)は、基礎をあらわす数(4)の2倍であり […]
運命数「9」
運命数「9」の方々     運命数(9) 神秘星     (9)は、完成をあらわす数。(10)を単位 […]
運命数「11」
運命数「11」の方々    運命数(11) 革新星   中国の易の思想では、(5)と(6)の合計によ […]