手相占いの始まり

*

手相占いの始まり


手相占いがいつ頃、はじまったか、それに関する文献は残っていませんが四、5千年前のインドや中近東地域で発達したと言われています。

 

これは、その時代の「ものと思われる遺跡から発見される「像」の手に3本の手相が刻まれていることなどから推測されたものである

 

古代インドの文明の中には、手に対する関心がかなり見られる。インドの彫刻や仏教の手足のジェスチャーにはさまざまなものがあり、日本の仏教に見られる手指の表情とよく似て、人差し指を伸ばしたり、手を組み合わせたり、右手を上げたり、といったものがある。

 

手相のよって運を判断するという風習は、古代ギリシャ時代にはほとんどみられず、3千年ほど前の古代インドで、仏像と深いかかわりをもって発生したものと思われる。

 

手相術には3つの種類の占い方法がある。手の形を中心にして占う「手形学」手の動作をもとのして行なう「手学」と形よりしわをもとにしておこなう「手相学」がある

 

東洋の手相学は、元来、人相術を補足するものとして考案され、発達したものであるため、どちらかというと、手のしわよりも手お形に重点がおかれていた。例えば、顔に比べて手が小さいとか大きとかと「いったことや、指の形、手の肉付き、色艶などを中心に占ったものである

 

 

 

手相占いの始まり関連ページ

手相占い
鎌倉の占い 鎌倉占いの館、善匠では相性占い・手相占い・四柱推命・カバラ占いとそれらを総合して判断致します・ 手 […]
手相の基本
生命線  母体内胎児に早くから発達する。しかも骨格の発達もこの部分がい一番早い。この部分は呼吸器系 消化器系に […]
手がなぜ重要なのか
人間の体のコンディションや性格を知るのに、なぜ手が重要とかんがえられるのだろうか。 体の他の部分、足やへそ、顔 […]
手の四つの領域
手の形態上の特徴 人間の手を、その機構的な特徴や解剖学的特徴をもとに区別してみると図のように大きく四つの部分に […]
拇指球領域
A:母指球領域   親指は、」ほかの四指とは異なり、可動範囲が大きいい。ほかの四指のそれぞれと対立さ […]
上部横断領域
  B:上部横断領域   この領域は、上部横断線、感情線のある部分で、小指、薬指、中指とつ […]
中部横断領域
  c:中部横断領域   中部横断線、頭脳線は、人差し指と中指を動かした時に、はっきりしと現れるため […]
小指球領域
  D小指球領域   この領域は、これまでの三つの領域に比べると、あsまり目立たない部分だ […]
親指の特徴
親指の特徴 呼吸器、消化器系に関係する指です。 この経路は、胃のあたりから始まって、大腸、肺に通じ、器官、喉頭 […]
人差指と中指の特徴
人差指と中指の特徴   人差指と中指は大脳と密接に関係する。この部分には、頭部、胸部をめぐる「陽明大 […]