手がなぜ重要なのか

*

手がなぜ重要なのか

人間の体のコンディションや性格を知るのに、なぜ手が重要とかんがえられるのだろうか。

体の他の部分、足やへそ、顔などを観察するよりも、特に手をとりあげるのはなぜだろう

主な理由:

1.人間の手は、ほかお動物に比べると特殊な発達をしており、人間らしさを特徴づけるものである

2.血管、筋肉、骨格、神経などが複雑で、体の他の部分に比べ、その人の状態を現すものが集中している

3.人間の行動や感情を支配している大脳皮質の中で「手」を支配する部分がかなり大きいために、人間の精神活動が手に象徴されることが多い。

人間の手が母体の中で形を現すのが、1、2か月の胎児になってからである。その頃手のおおきさは、体の8分の1の大きさで、まだ、腕、手、指というはっきりした区分ができていない。しかし、足よりも早く形ができてくるということには注目したい

二ヶ月になるとまず、親指の部分がほかの部分よりも急激に発達し中心部から突き出ていく。やがてほかの指と分かれる。

それとともに、骨格も形成されていく。七か月から八か月になると、神経と筋肉が発達し3つの主要なスジもできてくる。手相が現れてくる

新生児になると、手の形態や機能はいっそう発達する。出生後、20分もたたないうちに指をしゃぶったり、」手や腕をたえず頭のほうへ持っていく動作をする

視力が発達するにつれ手を中心とした動きが意識的に「なってくる

このように手は幼児の時から発達には重要な位置を占めてくる

手がなぜ重要なのか関連ページ

手相占い
鎌倉の占い 鎌倉占いの館、善匠では相性占い・手相占い・四柱推命・カバラ占いとそれらを総合して判断致します・ 手 […]
手相占いの始まり
手相占いがいつ頃、はじまったか、それに関する文献は残っていませんが四、5千年前のインドや中近東地域で発達したと […]
手相の基本
生命線  母体内胎児に早くから発達する。しかも骨格の発達もこの部分がい一番早い。この部分は呼吸器系 消化器系に […]
手の四つの領域
手の形態上の特徴 人間の手を、その機構的な特徴や解剖学的特徴をもとに区別してみると図のように大きく四つの部分に […]
拇指球領域
A:母指球領域   親指は、」ほかの四指とは異なり、可動範囲が大きいい。ほかの四指のそれぞれと対立さ […]
上部横断領域
  B:上部横断領域   この領域は、上部横断線、感情線のある部分で、小指、薬指、中指とつ […]
中部横断領域
  c:中部横断領域   中部横断線、頭脳線は、人差し指と中指を動かした時に、はっきりしと現れるため […]
小指球領域
  D小指球領域   この領域は、これまでの三つの領域に比べると、あsまり目立たない部分だ […]
親指の特徴
親指の特徴 呼吸器、消化器系に関係する指です。 この経路は、胃のあたりから始まって、大腸、肺に通じ、器官、喉頭 […]
人差指と中指の特徴
人差指と中指の特徴   人差指と中指は大脳と密接に関係する。この部分には、頭部、胸部をめぐる「陽明大 […]